ヒト用の檻が来ました  ( ゚Д゚)

ついにこれが来ました。
筋トレ用のパワーラックが・・・。
私が20代の筋トレをやっていた時に、このパワーラックが置いてある所なんて、専門ジムでも少数でした。桑名市体育館、アレックス、四日市市体育館、ワールドフィットネス、トレーニングジム四日市・・・どこにもありませんでした。唯一見たのはSUDOGYMくらいだっただろうか。
その後、神奈川に引っ越して、スポーツマインド寒川(専門ジム)にお世話になりましたが、そこでも小さいパワーラックが1台あるくらいでした。
それから20年近くが経過し、筋トレも少しブームになり(何度目かの)、筋トレに対する偏見も少なくなり、家庭でも使用できる筋トレグッズ販売などがネット環境の広がりと共に広がり、尚且つ、SNSやYouTubeの発達で個人が様々なことを発信出来る時代になりました。

とにかく驚いたのは、YouTubeで筋トレ関連の動画を見始めた頃に、狭い自宅にパワーラックを設置し、青筋立てて筋トレを行い、その動画をアップしている方が結構多いことでした。私がやっていた頃はまず、自宅をメインとしてやっている筋トレ人間は一人しか知りませんでした。しかもパワーラックなんて、以前であれば、専門ジムにしか無いような大きな器具を自宅に置いて、そこをメインのトレーニング場としてやっている人間が数多くいるいうことでした。更にはその方達が、かなりデカイし強い!私にとってこれはショッキングな事実でした。「今はこんな時代なんだ・・・(*_*)」

そこで2年ちょっと前くらいから筋トレ復帰した後も、「パワーラック欲しいけどどうしようか?」「欲しいけど本当に必要なのか?」「もし筋トレを止めたらだたの邪魔な鉄の塊だ。」などと葛藤しながら過ごしてきましたが、遂に購入の運びとなりました(笑)。

もう後には引けません。生涯のライフワークとして、鉄の塊と戯れたいと思います。

投稿者:

Ken Hagiwara

10代の頃から身体運動学に興味を持ち、20代に スポーツクラブのトレーナーとして勤務。数年後、 更に勉強をし、皆様のお役に立ちたいと考え、 東京医療専門学校に入学。そして卒業と同時に 国家資格である「柔道整復師」、「はり師」、「きゅう師」、 「あんま、マッサージ、指圧師」を取得。 その後、整形外科、接骨院、鍼灸施術所等で修業を行い、 2003(平成15)年10月より出生地である松阪市湊町で開業。 地域の皆様のお陰で只今、16年目を迎えております。 ・中央接骨師会所属 ・日本手技療法協会会員 ・患者満足推進委員会会員 ・松阪商工会議所所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA