シーズン初雷魚👍

先日のナマズに続いて出ました雷魚。

5月中旬、今シーズン用に新しくチューニングした3種類の大中小フロッグを準備し、いざ某所へ出陣。

DSC_3714

前日の雨の影響(増水、濁り、流れなど)を心配したが、それは無く、水の条件はOK。気温も良し。風は少々あるので、雲はまるで秋雲のようだが、これくらいなら大丈夫。
肝心の雷魚の活性はどうか?これは未知数・・・。
という具合に、この釣りの釣果の半分以上は自然現象が握っている。釣る為のテクニックはそこから先の話だ。だからゲーム性が高いということも言えるのだが・・・(*_*)

背丈に近い藪をくぐり抜けてポイントを目指す。今の時季にこれだけの藪があると、あと1か月もしたら更に深くなるし、蜘蛛の巣や蚊が沢山現れるので、ここへの進入が不可能になりそうだ、困った。などと考えつつようやくポイントに入った。

DSC_3711

とりあえず新しく作った3種のフロッグ試しながら怪しい箇所を探る。が、何の反応も無い。前回のナマズの時と同じように、少しずつ移動しながら投げ続け、1時間近く経過したその時、岸際を引いていたフロッグに雷魚が近づいた。私は雷魚に気付かれないように反射的に身をかがめた。しかし距離は数メートル先なので、こちらからはよく見える。僅かにアクションを加えると、ピッタリとフロッグに付いたが喰うような雰囲気には見えない。そこでリアクションを誘う為に小気味良く「チョンチョン!」と動かすと、一気にバクっと喰ってきた。

上がってきたきたのは体格の良い中型だった。コンディションも良く、暴れっぷりが見事だった。こういった個体をチャッチすると無性に嬉しくなる。素早くフックを外し、写真を1枚。その後は丁寧にリリースした。

DSC_3709

5月に雷魚を釣ったのは何年振りだろうか?
とにかくこれで一安心。そして大自然に感謝(^^)/

投稿者:

Ken Hagiwara

10代の頃から身体運動学に興味を持ち、20代に スポーツクラブのトレーナーとして勤務。数年後、 更に勉強をし、皆様のお役に立ちたいと考え、 東京医療専門学校に入学。そして卒業と同時に 国家資格である「柔道整復師」、「はり師」、「きゅう師」、 「あんま、マッサージ、指圧師」を取得。 その後、整形外科、接骨院、鍼灸施術所等で修業を行い、 2003(平成15)年10月より出生地である松阪市湊町で開業。 地域の皆様のお陰で只今、16年目を迎えております。 ・中央接骨師会所属 ・日本手技療法協会会員 ・患者満足推進委員会会員 ・松阪商工会議所所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA