女子プロゴルフの黄金世代

最近、女子プロゴルフ界が面白い。

単純に男子と比較して華やかというのもある。それに飛距離がアマチュア男性とよく似ているので、テレビ観戦していてイメージがし易い。それに何と言っても若手が沢山台頭していて戦国時代になっている。実績のあるベテランはもちろん中堅選手も必死だ。

特に現在、米ツアーで活躍する畑岡奈沙に代表される98年生まれの黄金世代の勢いが止まらない。
きっかけは5年前に、勝みなみが15歳当時、アマチュアでプロのトーナメントに優勝したことから始まる。これによって同年代のレベルや自信が増し、それらがプロ入りし、現在の女子トーナメントを席捲している状態だ。
他には新垣比菜、河本結、渋野日向子、原英莉花、大里桃子の合計7人が既にトーナメントで優勝を達成している。
特に今シーズンは渋野日向子が2勝を上げ、日本人ランクのトップにいる。他には前半から中盤戦にかけて、河本結が好調で上位をキープしている。
この二人はこれからの女子ゴルフ界をけん引していくのでは?と思わせるような勢いだ。

最終戦は11月だが、それまで全く目が離せない。

では逆になぜ男子人気が低迷しているのか?
まあ単純に選手会長の石川遼や、米ツアーで何度も優勝している松山英樹に続くスターがいないということだ。

一応、男子ツアーでも昨年は初優勝した若手が何人も出て、いよいよ世代交代の機運が高まりつつある。私個人としては楽しみな部分も多い。が、周りのオジサマ達は皆揃って「男子はつまらん」と言う。確かに女子プロと比較すると地味なのは否めない。


それに現在は、選手の体力やクラブの性能などが向上するに従って、飛距離がとんでもなく伸びている。180ヤードくらいの距離なら9番アイアンを持って平気で狙ってしまう。これなどアマチュア男性にすれば、女子プロとは大違いで、テレビ観戦していても全くイメージが湧かない(苦笑)。

しかも男子も女子もそうなのだが、飛距離の出る豪快な選手よりも、小技の上手い選手が結局は成績が上になるのだ。特に日本の男子プロはそうだ。
だからプレースタイルがこじんまりとしてしまう。飛ばすだけでは勝てない。それはゴルフをやったことのある人間であれば分かることなのだが、これが観ている方としてはどうも熱や力が入らない。
しかし海外のトップ選手は飛ばし屋でも勝つ。マキロイ、ダスティン、バッバ、ケプカなど。
なぜか?それは技術力やメンタル力が日本のトップ選手と比較しても遥かに高いからだ。残念ながら今の日本人選手では、海外の飛ばし屋のような選手はいない。それだけにどうしても全盛期のジャンボ尾崎にオジサマ達は思いを馳せてしう・・・あんな豪快な選手がいたらなあ・・・と。

全盛期のジャンボのドライバーの飛距離は当時の世界トップと比較しても数ヤードしか違わなかった。しかも多くのプロも口を揃えて言っているのは、小技も抜群に上手かった。だから強かった。

という訳で男子プロは何度か実際に観戦したことがあるが、女子は一度も無いので是非足を運んでみたい。

以上、ヘタクソなくせに生意気なこと言ってスミマセン💧

 

YOUやっちゃいなよ!

先日お亡くなりになった、あのジャニー喜多川さんの有名なセリフである。私はこの言葉が結構好きである。

この言葉を掛けられた本人はどんな心境だったのだろう・・・不安が増すのか?逆にやる気や自信が湧いてくるのか?いずれにせよ言われた当人にとっては強烈に背中を押してくれる「魔法の言葉」だったはずだ。

私はアイドルとかそういったモノに疎いが、あれだけ大きくなったジャニーズ集団をたった1代で造ったジャニー喜多川さんのカリスマ性には昔から一目を置いていた。

残念ながら4月にお亡くなりになった小出監督も私にとっては似たような存在だった。

どちらも人を見る眼、先見の明があった訳だが、そういった能力というのは、後から色々な人によって理屈で語られるが、当の本人からすれば、ほとんど感覚的なモノではなかったのではないだろうか?

従って他人が真似をしても同じには出来ないのだ。だからこそカリスマなのだ。

偉大な巨匠が相次いでお亡くなりになってしまった。

「YOUやっちゃいなよ!」の様に、相手の背中を押せる一言をズバッと言えるようになりたいものである。

HONDAが勝った!

先日のオーストリアGPでレッドブルホンダを駆るマック・スフェレスタッペンが優勝した。

ホンダが第4期?としてF1に復帰して5年目でようやく勝った!なんかホッとした。第2期である80年代の圧倒的な強さを見てきた世代としては第3期も4期も物足りなく仕方がないのだが、これを足掛かりに常に勝ちを狙えるマシンになって欲しい限りだ。

ところでフェレスタッペンと聞いて思い出されるのは、今から20年くらい前、毎年秋の鈴鹿サーキットでF1を観戦していたのだが、マニアックな観戦法の1つに「下位チームにいてマシンに恵まれているとは言えないが、実力のあるドライバーを見い出す」という観戦方法がある。

当時はマックス・フェレスタッペンの父親であるヨス・フェレスタッペンが走っていたのだが、その当時、私の知り合いで、モータースポーツ観戦歴が私より遥かに長い「T氏」という方が、「フェレスタッペンがいい走りしているわ~」と言っていた。
当時のフェレスタッペンはまさに下位チームにいて、成績面では決して目立つ存在ではなかったのだが、見る人が見れば、速く走る実力はあるドライバーだというのが分かるのである。
私はその時点で全くノーマークなドライバーだったので、自分の見る眼の無さを悔やみつつ、翌年の鈴鹿でフェレスタッペンの走りを1~2コーナーで食い入るように見た。
確かにスロットルの開けっぷりに思い切りの良さを感じ、「もっと速いマシンに乗ったら目立つ存在になりそうだな」と感じた。

しかし結局の所、父親のヨスフェレスタッペンはF1ではこれといった成績を収めることなく、残念ながらF1界を去って行った。

ところがその血統は子に受け継がれ、マックスフェレスタッペンは優勝は勿論、チャンピオンも狙えるようなドライバーに成長した。

T氏の見る眼は確かだったことと、私の眼はフシアナだったことが証明された。(*´Д`*)

とにもかくにもHONDAさんには、かつての「POWERED by HONDA」の名に懸けて素晴らしいエンジンを造って欲しい!

SPIELBERG, AUSTRIA – JUNE 30: Max Verstappen of the Netherlands driving the (33) Aston Martin Red Bull Racing RB15 on track during the F1 Grand Prix of Austria at Red Bull Ring on June 30, 2019 in Spielberg, Austria. (Photo by Bryn Lennon/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool // AP-1ZT9DB13W2111 // Usage for editorial use only // Please go to www.redbullcontentpool.com for further information. //

リベンジマッチ

日常の中では幸いにして色々なリベンジマッチが存在するが、今回は釣りの話である。

雷魚をやっていて不思議に思うことが沢山あるが、その1つに「リベンジマッチが成功しない」という事がある。

それは、ある時ある場所で釣りをやっていて、そこそこと思われるサイズを掛けたのにバラしてしまうと、悔しさの余り「もう1回!」と思うのだが(誰でもそう思う。逃がしたサイズが大きければ大きい程)、雷魚に関しては、そのチャンスが殆ど巡ってこないことが多い。

つまりどういう事かと言うと、例えば野池の場合、その池で生息する大きいサイズの魚ほど、その池の中の一等地に陣取っていることが多い。
つまりは水が綺麗で、地形変化や障害物など身を隠す物があり、かつエサが豊富な場所などを好む。
従って、それらを読み取ることが出来れば、釣りをしながら、どの場所をどう攻めれば大型が釣れるのか?ということが分かってくる。(実際はそんな上手く行かないが・・・)

私の過去の経験では、ブラックバスはその傾向が強くあり、結構良いサイズのブラックバスを掛けたのにバラしてしまったが、その1週間か10日後に、同じ場所を同じ様に攻めて、再び同じと思われるブラックバスを釣り、リベンジマッチを成功させたことが何度かある。
ちなみに同じ肉食のナマズは、夕方(夜行性なので)になると、エサを探しに縄張りのエリアをウロウロと回遊するので、活動範囲は広くなるのだが、ある程度その個体によってのルートは決まっていると思う。従ってその回遊ルートが分かれば、狙って釣ることが可能となる。ただナマズはそこまで数を釣っていないので仮定の話であるが。

ところが雷魚は不思議とそう上手くは行かない。
理由は陣取る範囲が気まぐれで限定しずらいことや、回遊するスピードが思った以上に速いこと。他には警戒心が非常に高い魚なので、一度バラすと、暫くの間は同じ方法では釣れないことが理由としてあると思う。
私の感覚だが、一度釣り針が掛かった雷魚は、仮に釣り上げる途中で外れたとしても、それを1年くらいは覚えているのではないだろうか。(もちろん個体差はある)つまり雷魚に関しては、結構良さそうなサイズをバラしてしまったので、次回にもう1回勝負!と必死になって実行した所で、警戒されて全く相手にされない。又はもうそこには居ない、ということばかりなのだ。これまでにリベンジマッチが成功したことは、はっきり覚えているのは1度しかないくらいだ。

ところが先日2度目?のリベンジマッチに成功した。しかも数年越しの3度目の正直である。

そこは、私が10年以上前からシーズン中に1回だけ行っている野池での話だ。
その池の一角に、水生植物のカバーがゴチャゴチャっとした所があり、そこに居ついている雷魚がいる。見る人が見ればすぐに分かる怪しいポイントだ。

DSC_1380

数年前のある日、そこの護岸された高い足場から、真下にある水面のカバーの様子を見ていると、それっぽい気配があった。そっとフロッグを送り込むと、静かな音で吸い込むようにフロッグを持ち込んだ。その喰い方から私は直感的に小型(50㎝くらい)だと思い、魚体を飛ばさないようソフトにフッキングした。
ところがその直後、真上にフッキングした勢いで水面に顔を出したのは70㎝を軽くオーバーするような魚体だった。「おおっ!」と思ったの一瞬で、フッキングが柔かったせいで、直ぐにバラしてしまった。

しまった・・・(T_T)

小型と判断した自分を悔やんだが後の祭りである。もうそのシーズンは喰わないだろう。また来年にリベンジしようと誓った。

ということで、その1年後の同じ時期に訪れたが、その年は反応が無かった。警戒しているのか、ご不在なのかは分からない。それ以降も毎年シーズンに1回だけ、ヤツが喰ってくるのを期待してその池を訪れた。
なぜシーズンに1回だけかと言うと、そこに必ず居るかも知れないが、何度も同じ場所を叩いて雷魚にストレスを与えたくないからだ。

そして動きがあったのは4年後くらいだった。
その年も同じように1回だけポイントに足を運んだ。カバーの状態もまずまずだ。近づくことによって警戒されないよう私は10mくらい離れた位置からそっとカバー際にフロッグを送り込んだ。
うまい具合に着水した直後、水面に小さくうねりが見えた。
近くにいた雷魚がフロッグの真下に付いた動きだ。
直感的にこれは喰うぞと判断。自分の体勢を整えフッキングの準備をする。しかし直ぐには喰わないので、僅かに「チョン」と動きを加えると、鈍い捕食音と共にフロッグが消えた。
タイミングを計ってフッキングを行うと、何と手前に飛んできてしまった。雷魚がこっちを向いていたのだろう。
手前に飛ばしてしまうと魚体が着水直後にラインがたるんでしまって、その隙にフックが緩みバラしてしまうことがある。
この時はまさにその通りで「ヤバイ!」と思った瞬間にはもう逃げられてしまった。

しまった・・・(T_T)

何年か振りの、千載一遇のチャンスだったのにまた失敗してしまった。
再び悔やんだが、手前に飛んでしまうのは運だから仕方がないと気持ちを切り替えた。
それにしても今回は初めて魚体全体を見たが、やはり70㎝後半はありそうな大きさで健全な個体に見えた。ますます釣ってみたくなったが、勝負はまた来年以降に持ち越しとなった。

しかし私が勝手に「来年」と思っているが、その間はどうなるか分からない。他の誰かに釣られるかも知れない。扱いが丁寧な人なら良いが、そうでなければ大きなダメージを負うかも知れない。(釣り針が外せずに糸を切ってリリースした、という話は枚挙にいとまが無い。釣り人として最低限のモラルが無い人も残念ながら一定数いる)
しかも足場が高い所なので、釣り糸が細ければ掛かった後に切れてしまうこともある。そうなったら口にルアーが掛かったままになり、エサが喰えず、死に至るかも知れない。仮に釣られなかったとしても、寿命を迎えることもあるし、池が水抜きされて死んでしまうかも知れない。
リベンジマッチとか勝手に言っているが、そういった様々な条件を乗り越えてくれないと出来ないことだ。これまでここで釣りをやってこれたことには感謝しかないし、これから先もそうあって欲しい。

翌年は水が減水していて、例年とは雰囲気は異なっていた。一応慎重に探ってみたが、気配も反応も無かった。水中の様子はどうだったかは分からない。

そしてその翌年つまり今年、例年より1週間早かったが、また訪れた。
その日は、日の出と共に開拓に出かけ、1つ目の池でちょっとした成果を得た後、その野池がルート上にあったので2つ目の池として訪れた。
今年は池のあちこちにカバーが生えていたので、色々攻めてみたが、反応は1つもなかったので、結局いつものポイントに行った。果たして今年はどうか?
例によって距離の離れた位置から静かに探ったが、これといった反応が得られないので、こちらの気配を殺しながら少しづつ近づき、至近距離から様子を伺う。
カバーの状態や水の色や水位は問題無いので、あとは居るかどうか?
だが、全く無反応。
しかし雰囲気は良いので、投げずに石化けしていると、1本の雷魚が真下で呼吸に上がってきた。

「いた・・・」

すかさずそのピンポイントに小型フロッグを送り込む。すると水面の動きから喰ってくる気配があるので身構えた所に鈍い捕食音が響いた。

非常に良く暴れたが、動きが落ち着くのを待ち、足場が高いので慎重に抜き上げ、草の上に横たえた。

やった・・・(^^)v

DSC_3768

80㎝には満たないが、想像していた通りの個体だった。
老成魚に見えるが、暴れっぷりからすると、今まであまり釣られてこなかったのではないだろうか。フックを外す時に唇や口腔内を確認したが、信じられないことにフックの古傷など全く見られず綺麗な状態だった。とても嬉しかった。

今まで私の相手をしてくれたのはこの雷魚だったのだろうか?本当の所は分らないが、きっとそうだと思う。ようやく姿を拝めることが出来た。

雷魚の寿命は約10年と言われるが、あとどれくらい生きるのだろう?
俺はもう釣らないから天寿を全うして欲しいと思いながらリリースした。

DSC_3770