釣りのお師匠さん

私にはかつて雷魚釣りの師匠がいた。

ひょんなことから知り合った。
年齢は2つくらい上だろうか?聞いたことが無いので実は知らない(笑)
今でこそ雷魚ゲームとはこうあるべし、と偉そうにブログで書いているが、その師匠と出会った頃の私は、今を思えば、まだ初心者に毛の生えた程度のハナタレであった。

彼はその時点で釣りの経験年数が25年以上はあり、いわゆる経験、実績共にエキスパートと呼ばれるようなレベルにあった。そしてその実力を私と同行した釣りで遺憾なく発揮し、私に雷魚ゲームは何たるかを実践で証明すると共に、様々なことを教えてくれた。目から鱗の驚きの連続であった。

私の地元や遠征先でも何度も一緒に釣りをしたが、師匠の釣りで印象に残った事が幾つかあった。

1つは地元のフィールドに何か所か案内した時のことだ。私はそれらのフィールドの状態をある程度は把握しているので、一番実績のある、その時点で良さそうなポイントを案内するのだが、師匠はたとえそのようなポイントであっても、釣れないと判断すると、たった3分くらいで戻ってくることもあった。理由を聞くと「気配が無い」とのこと。
私であれば、過去に実績があり、尚且つその時に雰囲気の良いポイントに入れば最低でも15分以上は手を変え品を変え様子を見るのだが(規模の大きさにもよる)、師匠は僅かな時間でそこの良し悪しを見切るのだ。
また、明らかに良さそうなポイントでも、多くの人が入りそうなポイントには入ろうとはしなかった。そういった所は雰囲気は良くても魚は確実にスレているから、なかなか釣れない。従って時間の無駄だと判断する訳だ。
これらは主に時間の限られた遠征をする時に、経験的に身に付けた物ではないかと推測した。釣れないポイントで粘っても結局釣れず、時間の無駄になることが実に多いからだ。地元であれば何度も通うことが可能だが、遠征ではこれが命取りとなってしまう。
私はその判断の甘さから遠征先で何度も痛い目にあってきた。

もう1つ印象に残っていたことは、これまた地元での出来事だが、実績はあるが、なかなか釣れないフィールドに案内した時のことだ。その池は地元の雷魚マンでも、1本でも釣れれば「あの池で釣ったのか?」と仲間内で思われる程の難攻不落の場所があった。
彼はその池に入るやいなや、わずか3分程で雷魚を釣ってしまった。
その直前に「じゃあ、お互いあっちとこっちで二手に分かれて釣りましょう」と話をして釣り始めた直後のことだった。
私は彼から少し離れた場所に入って、周囲の様子を伺っていたら何か音がするので、ふと見たら、彼が雷魚とファイトしているではないか!
直ぐに駆けつけ「どうやって釣ったのか?」と聞くと「呼吸に上がってきたので狙った」とあっさり答えた。80㎝近い雷魚だった。そう簡単には釣れる個体ではない。
雷魚ゲームでは、呼吸に上がってきた個体を狙い撃ちして釣る方法がある。理屈では分かることだが、地元の人間でもなかなか釣れない池で、ここまで鮮やかに釣ってしまうことが信じられなかった。

あと、経験豊富なのにとても謙虚なことだ。
通常あれ程の経験と実績があると、自分の選んだ方法に自信を持っているので、周りのやり方や考え方に左右されることは少ないのだが、彼は自分が釣れない、又は他の人が釣れている状況になると、すかさずその方法を参考にし、自らの結果に繋げてしまうことだった。
普通はプライドが邪魔をしてそういったことは出来ないものだ。彼は常に謙虚であり貪欲であった。

そんな師匠であるが、もう10年近く会っていない。それどころか今は音信不通となっている。元気にしているだろうか?まあ恐らく大丈夫だろう。きっと今日も何処かで釣りをしているハズだ。そして周りの人が唖然とするほど釣っているに違いない・・・(@_@)


八月の朔日餅

赤福の八月の朔日餅である『八朔粟餅』を先日患者様よりいただきました。とても貴重なお品をいつもありがとうございます。黒糖の風味豊かな濃いお味の餡でした。とっても美味しかったぁ~( *´艸`)

以下は赤福HPよりお借りしました。

豊穣の祈り 八朔参宮の風習を味わう

「八朔」(はっさく)とは、旧暦八月朔日(ついたち)のこと。
そして古来、新穀を贈答して祝う習わしです。稲(田の実)を祝い、頼みごとをしたので、「たのもの節句」とも呼ばれました。今日のお中元のはじまりとも言われております。

古く伊勢では五穀のうち、米や粟のお初穂を神前にお供えし豊穣を祈りました。また、「朔日参り」の中でも八月一日は特に「八朔参宮」と呼び、参拝者も多く、あわ餅を食べる習わしです。

渋野日向子プロ全英メジャー制覇おめでとう!(^^)/

先月に女子プロゴルフが黄金世代を中心に面白いと書いたが、それ以上に今回の優勝の衝撃は大きく、メディアでも大々的に取り上げられたので皆様もご存じかと思う。

女子プロゴルフ界の大御所である樋口久子や岡本綾子も大絶賛で嬉しい限りだ。

女子プロゴルフの黄金世代の中でも渋野選手はどちらかと言うと遅咲きで、実は今シーズンに入るまで名前を知らなかったが、5月に国内での大きな大会であっさり優勝し、「今後を期待できる選手が出てきた!」と感じた。
しかも契約クラブはPING社で、私がずっと使用しているメーカーと同じだったので親近感も湧き、それ以来注目していた。

技術的な部分はヘタクソな私が語る資格は無いが、サクサクしたプレースタイルと、あっけらかんとした性格が良い方向に出ている感じで、7月にも優勝し、賞金ランクも日本人で2位まで上がってきた。

私が感じる渋野プロのストロングポイントは最終日に崩れないメンタルの強さだ。
更に今回の全英で衝撃的だったのは、映像で何度も流れていることだが、試合中にも関わらず、ギャラリーとグータッチやハイタッチ、更には写真撮影やサインまで行っている姿だ。
通常は優勝争いともなれば、緊張と集中で人を寄せ付けないような雰囲気を漂わせているもんだ。
そもそも練習ラウンドやプロアマ戦ならそういったことも許されるが、決勝ラウンドはルール的に御法度と思っていたので、これにはビックリした。
しかもトップタイで迎えた最終ホールでも同じ立ち振る舞いだった。例えば2位と10打差くらいのトップで最終ホールに臨むのであれば、それくらいの余裕があるのも分かるが・・・私にとっては初めて見る、何とも微笑ましい光景だった。

しかし根本的にはトップ争いの重圧や緊張は絶対にあるだろう。ましてや今回は世界のトップクラスが相手な訳だ。ただ本人とすれば、そのように振舞った方が、気持ちがほぐれ、結果的に良いプレーに繋がることを知っているのだ。ソフトボールの投手もやっていたので、そういったことが経験的に身に付いたのだと思う。
それに海外の試合自体が初めてだったので、失うモノが何も無かったもの大きかっただろう。でなければ最後のパターなどあのようには打てない。あの松山英樹プロもビックリの驚愕パッティングだった。

この優勝によって大いに沸き立つのは嬉しい事だが、彼女にとってはこれからが大変だ。岡本綾子はよく「初優勝すると、周りを取り巻く人や環境が変わるので、予めの心構えが無いと周りに潰されてしまう。自分をしっかり持っていないといけない」とコメントしている。正にそうだ。
恐らく金目当ての卑しい人間も沢山寄ってくると思う。以前のように静かに暮らすことは難しいかも知れない。周囲の雑音をいなしていくことはトーナメントで優勝することよりも遥かに大変だろう。

渋野プロには自分を見失わずに突き進み、業界をけん引する存在になって欲しい。そして彼女に憧れてゴルフを始める子供達が沢山増えて欲しいと思う。

夏野菜

暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続いておりますね~。もぅ、冷房の部屋にいても暑いと言ってしまう自分がいます(無意識💧)。

最近は、小型扇風機を持ち歩く方も多いとか。今年の夏は気温もさることながら湿度が高い。それが何より身体にこたえます( ;∀;)

そんな折、患者様から朝どれ夏野菜を頂戴いたしました♡朝どれ( *´艸`)夏野菜( *´艸`)贅沢すぎるぅ~♬
『もしかしたらお野菜お作りになられてる?』
まさかまさか!私が一番不得手とする分野。。。何せ、サボテンですら枯らす女でございます(笑)お野菜なんてハードル高すぎ、高杉君です(笑)

この暑さを乗り切るには、やはり旬の物を食すのが一番身体が喜びますね。エネルギーチャージです!彩り豊かな夏野菜、料理もテンション上がります。ただでさえ、キッチンの熱風地獄。テンション上げないと朝昼晩と戦えない((+_+))

皆さんは、料理の際は音楽を聴きますか?テレビを観ながら?それとも無心に?私は音楽を掛けながら料理をする事が多く、基本昭和な人間なもので、80年代の邦楽、洋楽が大好き♡なのですが、料理の時は敢えてクラシック♬

いつもの料理が2割増しで美味しく出来たように感じる(ここポイント。まぁ、自己満足とも言う)。ぜひ、お試し下さいませ~♬

ベンチプレスの魔力

スクワットについて書いたので、ついでに筋トレネタをもう一つ。

日本人にキングオブエクササイズは?
と聞いたら恐らくベンチプレスが一番になるだろう。
理由はベンチプレスを行うことによって胸板や腕が発達し、身体が逞しく見えること、ベンチプレスは上半身の種目では結構な高重量を扱えるので、これが強いとジムで目立つ、などがある。この魔力に憑りつかれている人は多い。私もそうか(笑)

ベンチプレスに対してスクワットやデッドリフトはキツイし、筋肉痛になると日常生活が不便になる。それに足が太くなり、お尻が大きくなるからやりたくない人が多い。スキニージーンズが入らなくなるし(笑)。
従ってスクワットやデッドリフトは、アスリートや競技志向、または日常で下半身の筋力不足を感じている。そのような方以外はあまりやっていない。

それに日本人は世界的に見てベンチプレスが伝統的に強い。それは欧米人と比較すると腕が短いので有利であったり、細かい技術の追求することが得意なので、欧米人に対して、ベンチプレスだけは世界をリードしている。

筋トレを始めて2~3ケ月経過した人に、自由にメニューを組ませると、ベンチプレスとバーベルカールばかりやる人が多い。
胸板は厚くなるし、上腕の前後を鍛えて腕が太くなるので、この2種目を行っていればイメージする体型に近づきやすいと思うからだろう。実は私も初めて筋トレをやっていた頃は同じようなものだった(苦笑)。

しかしそれでは身体のバランスが悪くなるので、一応は全身を鍛える種目を行った方が良い。軽めでもいいから・・・。

さて私のベンチプレスだが、最初に始めたのは高3の夏休みに桑名市体育館のトレーニングルームに通っていた時だったと思う。確か1ヶ月くらいやって75㎏が挙がった。その後は筋トレをやったりやらなかったりを繰り返したが、18歳の頃に90㎏、20歳前から真面目に取り組むようになり100㎏、27歳の最も強かった時が140㎏くらいだった。当時は今と比べて全体のレベルがまだまだ低く、130㎏以上挙げる人は少なかったので、一般市民レベルでは多少は自慢できた。しかし県レベルとなれば全く話にならない。そんなもんだった。

そもそもベンチプレスは19歳の時に、150㎏を挙げることを目標に真剣に始めたのだが、130㎏以降は伸びるのに時間が掛かった。
当時は今と比較すると、情報が少なかったし、私のメンタルも石頭だった。もっと人のアドバイスを聞いたり、柔軟に色々試せばよかったのだが、伸びない自分に根負けをし、しかもその頃ハマりだした柔道に心を奪われ、27歳以降は柔道での補強の為という名目でしか筋トレを行わなくなってしまった。

当然のとこながら力は激減した。Maxで100㎏ちょっとくらいしか挙がらなかった。ガンガンやっていた頃は、「将来的に筋トレをやらなくなってもベンチプレスだけは120㎏を下回りたくは無い!」と思っていたが、実にあっさり下回った。現実は悲しいもんだ(T_T)

しかも16年前に開業してからは筋トレ自体を全くやらなくなった。(柔道もやらなくなったので)

そして時は流れ3年半前から再び筋トレを始めた。
理由はゴルフの飛距離をもっと伸ばす為だった。しかし、この年齢になって飛距離を伸ばす=瞬発力を向上させる。というのは実に難しい。
そしてゴルフというのは飛ばそうとするほど曲がるリスクも増える。色々試したが結局ゴルフでの効果はあまり上がらなかった(スコアには結びつかなかった)。それより筋トレをすることにより。身体が変化していくのが楽しくなった。昔のように。

そしてベンチプレスも時々行うようになった。しかし当然のことながら以前と比べると全然弱い。
65㎏で8回くらいがやっとだった。それでもチョコチョコやっていれば100㎏くらいは挙がるようになるだろうと高を括っていたが、年齢のせいなのかブランクのせいなのか全然筋力が向上しない。少々続けた所でせいぜいMax80㎏くらいだった。

これが無性に腹立たしく思うようになってきた・・・。と同時に、また再び100㎏を挙げたいという思いがふつふつと湧き上がってきた。
そこで再び100㎏を挙げるべく計画がスタートした。2016年11月頃のことだった。

そして時は流れ、先月2019年7月にMAX120㎏まで挙がるようになった。
20年前に「これ以下には下回りたくない」と思っていた数字に到達して一安心した。しかし昔と比べて、現在は何度目?かのフィットネスブームのせいか、本当に全体のレベルが上がっている。筋トレYouTuberを見てみれば分かることだが、150㎏を挙げる人間などゴロゴロいる時代だ。120㎏と言っても昔の100㎏ちょっとくらいのイメージな気がする。まだまだ現状では恥ずかしいくらいだ。

しかもここまで思ったより大変だった。
ズバリ言うと、年齢からくる身体の衰えだ。やはり20年前とは身体が違っている。筋肉的な成長の部分はさほど変わりは無いが、怪我に対して身体が弱くなっている。
従って昔と比べると、自分で立てたプログラムを慎重に慎重に進めて行かないと、よからぬ所で思わぬダメージ負ってしまうことになる。それにダメージから回復するのにも異常に時間が掛かってしまう。ただでさえアラフィフなのに時間のロスは痛い。

ただその部分さえ注意を払えば、あとは思った通りにやっていけばよい。筋トレは一人で出来るし、コンタクトスポーツや格闘技のように相手からの攻撃などで怪我を負うことは無いので、その辺は気楽なもんだ。

あとはいかにモチベーションを保ち、継続していくかだ。最終的には自己ベストの140㎏以上を狙いたい所だが、まずは122.5㎏を挙げることを当面の目標にしよう(^^)/。