ラグビーWorld Cup

盛況の内に終了したラグビーWorld Cup。

日本の躍進と共に大いに盛り上がった訳だが、今回よく聞かれた言葉に「にわかファン」があった。サッカーのWorld Cupでもしばしば聞かれるが、今回ほど「にわかファン」という言葉を耳にしたのは初めてではないだろうか?
実は私も「にわか」と聞いて一瞬ギクッとするのだが、一応、かつて仕事でラグビー選手と関わったことがあるので、それ以来多少はラグビー界を見てきているつもりだ・・・。
余談だが今年の流行語大賞は「ワンチーム」に決まると予想している。

日本でラグビーと言うと、野球やサッカーと変わらないくらいの歴史があるスポーツだ。しかも私の周りのスポーツ好き(スポーツ全般に渡って非常に詳しい人達)は皆こぞってラグビーが好きで当然の様に詳しい。ではその魅力は?
確かにラグビーは知れば知るほど面白いスポーツに感じるし、球技と格闘技が合わさったような部分が男心に刺さる、とてもエキサイティングなスポーツだ。膠着したフォワード戦の後にバックス陣にボールが渡り、ワーッと走りだした時に感じるスピード感も堪らない。
しかも屈強なラガーマン達は皆とても紳士的な所も好感が持てる。

しかしラグビーはどうも以前からマイナースポーツ的な感はある。まあマイナーな分だけ熱狂的なマニアにとっては居心地が良いという面もあるが・・・。

でも何故マイナーか?これは私が以前から勝手に考えてきたことだが、

・肉弾戦であるラグビーは貧弱な東洋人では体力的に厳しい。
・ひとチーム15人もいて人数が多いからラグビーを象徴するような国民的マンガが生まれない。(巨人の星やキャプテン翼のような)
・コンプライアンスが煩いので名作である「スクールウォーズ」が再放送出来ない。

パッと思いつくのはこんな感じだ。

私はこの壁を越える時代が早く来ることを願ってやまない・・・(^^)/。

関連記事

  1. Rocketがやって来た。

  2. YOUやっちゃいなよ!

  3. 身体の不思議

  4. タイガーウッズ

  5. 好きな言葉?

  6. モータースポーツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA