タイガーウッズ

私はゴルフをする、一応。
ラウンドはここ数年間は1年に2回のペースだ。だからちっとも上手く無い。いや、上手くなるハズが無い。それもそうだ。
以前あるゴルフ雑誌の記事で「アマチュアゴルファーのビッグデータ」なるものが発表されていた。
それによると、アマチュアゴルファーの年間平均ラウンド数は、約12回だった。つまり平均が月イチ。そしてスコア平均が99だった。これはもう100と言っていいだろう。という事は、平均月1回ラウンドする人間の平均スコアが100だから、それよりラウンド数の少ないゴルファーの平均スコアが100以上あることは、何の不思議でも無いことなのである。
このデーターは私にとても自信を与えてくれた。自分はセンスが全く無いと思い込んでいたが、ヘタクソなことに胸を張っても良いのである。
ああ助かった。

ということで本題はタイガーウッズである。先日のマスターズで優勝した。何と14年振りである。素晴らしい!
しかもその間は手術だの、スキャンダルだの、挙動不審で捕まった、だの色々あった。しかし昨シーズンから徐々に調子を取り戻し、優勝候補の筆頭の一人としてマスターズを迎え、数多くのライバルに競り勝ち、優勝した。しかも1打差で。
これはただの大会では無い。世界中で開催されるゴルフ大会の最も栄誉のある大会である。恐らく世界に数多くいるプロゴルファーが一度は勝ちたいと思っている大会だ。日本のプロも、たとえ国内で賞金王になれなくても、マスターズで優勝出来たらもうゴルフ人生終わってもいい、と思っているプロは沢山いるだろう。それくらい栄誉と伝統があるのだ。
まあヘタクソな私がタイガーウッズやマスターズのうんちく述べても説得力が無いのでこれくらいで充分でしょう。

それにしてもイチローと一緒で、同じ時代に生きていて良かった。あれだけの選手は今後20年は現れないだろう。またあの神がかり的なパッティングが見れるかと思うとワクワクする。10月には日本に来るしね(^^)/

DSC_3552