当院の感染症予防対策

新型コロナとインフルエンザのツインデミックに備えての対応

秋に入り県内でも新型コロナの感染者数が落ち着いてきたようですが、これから冬に発生する可能性のある、新型コロナとインフルエンザのツインデミックに対して、3月から行っている感染対策をより強化、継続しながら患者さんへの対応、施術を行っていきます。どうぞよろしくお願い致します。

 

当院の感染症及び清潔対策31項目

●院内での三密回避やソーシャルディスタンス確保の為、予約優先制
●患者様に来院前後の手指消毒のご協力。
●ベッド、枕、足枕をアルミシートで完全に包み消毒及び衛生管理のしやすい状態にする。
● フェイスペーパーは通常より使い捨てを使用
●鍼は国産の使い捨ての鍼(ディスポーザブル鍼)を使用
●30分ごとに施術室・待合室の換気をする。
●サーキュレーターによる常時換気
●トイレはご利用毎に清掃(出来る限り)
●トイレはペーパータオルを使用
●ゴミ箱は全てフタ付きを使用
●ゴミや汚れは見つけ次第すぐ対応
●虫コナーズなどの害虫予防剤の設置
●スリッパ、バストマット、トイレの便座などは抗菌仕様
●専用オゾン機器による空気清浄機の使用により、菌、ウイルス、ニオイを元から分解。
●干渉波のスポンジは毎日専用消毒
●加湿器で院内湿度を上げる。(湿度の高い時は使用しておりません)
●お一人お一人の施術ごとに手指のアルコール消毒
●身体と医療機器の接触部分のアルコール消毒
●鍼施術部位へのアルコール消毒
●ホットパックで患者様の身体を温め、免疫力を高い状態にする。(患者様が暑がる時は使用しておりません)
●掛けバスタオルのアルコール消毒
●受付ボールペンのアルコール消毒
●患者様同士の接触を極力避ける為、予約枠を制限する。
●施術時間の短縮(夜間は予約が無ければ7時完全終了。通常は8時迄)
●院内で人が触れる箇所は全て適宜消毒する。
●待合室のスポーツ新聞・雑誌・あめ・お茶等の提供の一時停止。
●お会計時における金銭授受はカルトン使用(手渡しは控えさせて頂きます)
●スタッフはマスク装着(患者様にもお持ちであればご協力をお願いしております。施術中も着用可。暑苦しい時は外して頂いても結構です)
●スタッフの毎日の検温。
●スタッフの徹底した健康管理
●発熱(個人の平熱を上回る体温)、せき、倦怠感、息切れなどの症状のある方や14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した方、感染症の方と濃厚接触があった方は施術をご遠慮下さい。

これらにより、ご希望の時間に予約が取りづらくなる場合もあるかとは思いますが患者様同士の接触リスクをなるべく防ぎ、皆さまがより安心できる環境をつくる為の措置ですので、ご理解いただければ幸いです。

http://www3.pref.nara.jp/hodo/item/65050.htm
https://www.arabnews.jp/article/japan/article_21176/
オゾンによるウイルス除去の効果が、度々ネットニュースで話題に上がっております。

 

 

地域トップクラスを目指す清潔な院への取り組み(例)

オゾン除菌消臭器を待合室と施術室に1台ずつ設置しております。「自然界に存在し、大気を浄化してくれるオゾン。オゾン除菌消臭器はオゾンの持つ強い酸化力で、菌やウイルス、ニオイの元から分解」・・・商品説明より。

30分に一度は換気をしております。当院は3方に合計8つの窓があり(各ベッドや、トイレにも設置されいる)、非常に換気の行いやすい造りとなっております。

ベッド周辺はご利用毎に除菌消臭を行っております。

出入口のそばに手指消毒剤が設置されております。

害虫予防剤は出入口に2つ設置しております。

物理療法機器の干渉波に使用するスポンジも、毎日専用の殺菌消毒剤で綺麗にしております。

待合室奥の洗面台です。ペーパータオルを使用しております。

この様に頭部マクラや足置きマクラも除菌消臭が行い易いようにアルミシートで包んであります。

当院で使用している消毒除菌の数々。用途に応じて使い分けております。

 
 

スマホの場合は画面を横にして頂くと見やすくなります。

ここにYoutubeのコードを入力してください<iframe width=”480″ height=”270″ src=”https://www.youtube.com/embed/qvsdbYhuyXQ” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>