女子プロゴルフの黄金世代

最近、女子プロゴルフ界が面白い。

単純に男子と比較して華やかというのもある。それに飛距離がアマチュア男性とよく似ているので、テレビ観戦していてイメージがし易い。それに何と言っても若手が沢山台頭していて戦国時代になっている。実績のあるベテランはもちろん中堅選手も必死だ。

特に現在、米ツアーで活躍する畑岡奈沙に代表される98年生まれの黄金世代の勢いが止まらない。
きっかけは5年前に、勝みなみが15歳当時、アマチュアでプロのトーナメントに優勝したことから始まる。これによって同年代のレベルや自信が増し、それらがプロ入りし、現在の女子トーナメントを席捲している状態だ。
他には新垣比菜、河本結、渋野日向子、原英莉花、大里桃子の合計7人が既にトーナメントで優勝を達成している。
特に今シーズンは渋野日向子が2勝を上げ、日本人ランクのトップにいる。他には前半から中盤戦にかけて、河本結が好調で上位をキープしている。
この二人はこれからの女子ゴルフ界をけん引していくのでは?と思わせるような勢いだ。

最終戦は11月だが、それまで全く目が離せない。

では逆になぜ男子人気が低迷しているのか?
まあ単純に選手会長の石川遼や、米ツアーで何度も優勝している松山英樹に続くスターがいないということだ。

一応、男子ツアーでも昨年は初優勝した若手が何人も出て、いよいよ世代交代の機運が高まりつつある。私個人としては楽しみな部分も多い。が、周りのオジサマ達は皆揃って「男子はつまらん」と言う。確かに女子プロと比較すると地味なのは否めない。


それに現在は、選手の体力やクラブの性能などが向上するに従って、飛距離がとんでもなく伸びている。180ヤードくらいの距離なら9番アイアンを持って平気で狙ってしまう。これなどアマチュア男性にすれば、女子プロとは大違いで、テレビ観戦していても全くイメージが湧かない(苦笑)。

しかも男子も女子もそうなのだが、飛距離の出る豪快な選手よりも、小技の上手い選手が結局は成績が上になるのだ。特に日本の男子プロはそうだ。
だからプレースタイルがこじんまりとしてしまう。飛ばすだけでは勝てない。それはゴルフをやったことのある人間であれば分かることなのだが、これが観ている方としてはどうも熱や力が入らない。
しかし海外のトップ選手は飛ばし屋でも勝つ。マキロイ、ダスティン、バッバ、ケプカなど。
なぜか?それは技術力やメンタル力が日本のトップ選手と比較しても遥かに高いからだ。残念ながら今の日本人選手では、海外の飛ばし屋のような選手はいない。それだけにどうしても全盛期のジャンボ尾崎にオジサマ達は思いを馳せてしう・・・あんな豪快な選手がいたらなあ・・・と。

全盛期のジャンボのドライバーの飛距離は当時の世界トップと比較しても数ヤードしか違わなかった。しかも多くのプロも口を揃えて言っているのは、小技も抜群に上手かった。だから強かった。

という訳で男子プロは何度か実際に観戦したことがあるが、女子は一度も無いので是非足を運んでみたい。

以上、ヘタクソなくせに生意気なこと言ってスミマセン💧

 

YOUやっちゃいなよ!

先日お亡くなりになった、あのジャニー喜多川さんの有名なセリフである。私はこの言葉が結構好きである。

この言葉を掛けられた本人はどんな心境だったのだろう・・・不安が増すのか?逆にやる気や自信が湧いてくるのか?いずれにせよ言われた当人にとっては強烈に背中を押してくれる「魔法の言葉」だったはずだ。

私はアイドルとかそういったモノに疎いが、あれだけ大きくなったジャニーズ集団をたった1代で造ったジャニー喜多川さんのカリスマ性には昔から一目を置いていた。

残念ながら4月にお亡くなりになった小出監督も私にとっては似たような存在だった。

どちらも人を見る眼、先見の明があった訳だが、そういった能力というのは、後から色々な人によって理屈で語られるが、当の本人からすれば、ほとんど感覚的なモノではなかったのではないだろうか?

従って他人が真似をしても同じには出来ないのだ。だからこそカリスマなのだ。

偉大な巨匠が相次いでお亡くなりになってしまった。

「YOUやっちゃいなよ!」の様に、相手の背中を押せる一言をズバッと言えるようになりたいものである。

梅雨入り☔

幾分前のことだが東海地方が梅雨入りした。
ここ数年は毎年が異常気象と言っているが、梅雨入りのタイミングは大体いつも一緒なのが不思議である。全く自然というのはよく出来たもんだ。

で、患者さんとの話題で、梅雨入りの話をすると、ほぼ100%「梅雨はジメジメして嫌ですね~(^_^;)」となる。
それもそうだ。蒸し暑いというのは不快指数がアップする。洗濯物がスカッと乾かない。出掛ける時も雨の心配をしないといけない。食べ物の保存にも気を遣う。など色々なマイナス要素が増える。
特に主婦の方にとってこの時期は大敵だ。

では私個人的にはどうか?
確かに5月くらいの爽やかな陽気と比較すると、蒸し暑いのはよろしくない。1週間くらい曇りか雨が続き、太陽が殆ど出ない時は気が狂いそうになる。
しかし真夏の暑さに比べれば身体は全然楽である。
実は私は身体が頑丈なタイプではないので真夏に体調管理を怠ると夏バテをしてしまう。

それに筋トレを続けていると分かることなのだが、梅雨明けし、本格的な夏が訪れる7月中旬から8月一杯は必ず筋力ダウンが起こる。日中の暑さや寝不足などで体力を消耗するからだ。ついでに体重も少し落ちる。筋力ダウンはそれも影響しているだろう。ダイエットするには適した季節ではあるが・・・。まあ屋内で仕事をしているくせに情けない限りだ。
仮にこの時期に大会でもあるなら意地でも頑張るはずだが、パワー系の大会は三重県だと春と秋にあるので、わざわざ真夏に頑張る必要は無い。従って真夏はやや流し目の筋トレをして、この時期をやり過ごす。
逆に梅雨時はまだ涼しい分、体力的には問題ないので、重量と回数を意識した筋トレを予定通り行うことが出来る。(大した事をやっている訳では無いが・・・(^_^;))

では梅雨時期の釣りはどうなのか?
基本的に雨の日は不調である。水温が下がるし、急な増水や流れなど発生し、魚の活性が下がるからだ。
しかし蒸し暑い中でパラパラと少し雨が降っているだけであれば爆釣の可能性もある。晴れればなおのこと。
ただ、この時期は産卵~子育てに入る個体もあるので、そういった魚は絶対狙わないのが掟なので、いささか釣りしずらいのが現状だ。

あと仕事面ではどうか?
当院は予約をされる方がほとんどなので、昔と比較すれば、雨天であっても患者数が影響を受けることは少なくなった。
しかし高齢の方や、駅から徒歩でいらっしゃる方の場合は、キャンセルとなってしまうことも少なくない。だがその場合でも次の予約をして下さるので、殆どの場合は問題無い。ありがたいことだ。

それに以前であれば、梅雨と言うと、シトシトと糸を引くような雨が、毎日降り続くようなイメージがあったが、ここ数年は天気のメリハリがハッキリしていることが多いと思う。雨は☔、晴れは☀というように。
従って昔と比較したら雨に悩まされる機会は少し減っているかも知れない。

という訳で、この時季はそれほど苦手ではない。少なくとも寒い冬と比較すれば相当マシである。

DSC_3715

砂時計⌛

当院では足関節の柔軟性が必要な方にストレッチボードに乗って頂いている。

時間は3分間で、毎回砂時計で計測している。

ただ以前から思っていたのだが、3分は長いかな?と。1分半から2分もあれば充分なので、その長さの砂時計を何かのついでに探すのだが、まあ無い。全てが1分、3分、5分、などで1分半や2分用は見たことが無い。

需要が無いから作らないということだろう。そんなものなのかな~。あったら即買いなのに。デザインにもよるけど・・・(^^)/

写真は先日行ったバームクーヘン屋さんにあったハーブティー用の砂時計。何かオシャレだったので写真に収めておいた。
こんな感じの1分半や2分の砂時計は無いかなあ~(^_^;)



DSC_3531

Crazyforyouの季節 by蚊 (*´з`)

もう蚊が飛ぶ季節になってきました。

よほどの研究者とかで無い限り、蚊が好きな方は見たことありません。就寝時に耳元で「プ~ン」と音がするのは誰だって嫌なモンです。

蚊の活動は気温25~30℃で活発になり、1番好むのは水分。2が臭い。3が温度だそうです。つまり私の様な、汗臭い、小太り中年が一番好まれる訳です。困った( ゚Д゚)

ちなみに虫よけスプレーなどが無い場合は、汗を防ぐデオドラントスプレーなどでも代用出来るそうです。小さいスプレーなら普段から持ち歩いている方もきっとおられる。有効に使いましょう。

そういう私はとりあえず加齢臭だけは発生させないように気を付けよう・・・(^^)/

黄砂に吹かれた挙句・・・♬ 2

まさかこれの続編を書くことになるとは思っていなかったが、昨日ラジオの天気予報で知ったので立ち上がった次第・・・。

実は、花粉症に紛れて認知度は低いそうだが、黄砂が最も飛ぶのは3月中旬だそうだ(^_^;)
そもそも黄砂というのは紀元前のうんと昔からあったらしい。そして飛んでいる間に、粒?粒子?の大きいモノから順に中国、次いで韓国と落ちていくので、日本に飛来するまでに黄砂は非常に小さくなっていくとのこと。
しかも砂だけならまだしも、飛んでくる最中に中国、韓国の大気汚染物質をまとわりながら、より強固な大気汚染物質と変化してくるそうだ。
だから身体に悪影響を及ぼす。困ったもんだ。

自然現象なので受け入れるしかありませんな。毎年3月は注意しよう(T_T)

平成が終わる・・・

新元号の発表がもうすぐだ。
テレビなどのメディアでは「平成を振り返る」的な企画が多くなっている。ひとつの区切りとして色々と頭をよぎることがあるのだろう。

しかし私の頭の中は、基本的に西暦でモノを考えるので、新元号が何になるのかは関心はあるが、平成が終わることで個人的に何かが変わる訳でも無いと思うし、感慨にふけることも無く、割と静かな心境だ。
(4月の終り頃にはジタバタするかも知れないが・・・(^_^;))

ところが先日ニュースを見て少し驚いたのは、これに乗じて平成記念グッズなるのもが巷に多数出ていることだった。しかも売り上げが伸びていると。

今はこういった商品に需要があるのか?
購入している方は、本当に欲しいと思って購入しているのか?
平成に対する思いが強いのだろうか?
ひとつの時代は30年くらいの長さが適当で良いのか?
など色々考えてしまう。

昭和の時代など、日本にとって大変革の時代だったが、年号が変わった後に「激動の昭和」的な書籍が何冊か書店に並んでいたくらいだと記憶している。昭和記念グッズなどあったか?
ランバ・ラルではないが、時代は変わったもんだ・・・(苦笑)
経済が活性化するのは大歓迎だが、こうした盛り上がり方は、少し斜に構えてしまう。
やはり私は昭和人間だろう(^_^;)

黄砂に吹かれた挙句・・・♬

先月のブログ「新、風の予防法」で、今シーズンは一度も風邪っぽくなっていない、とドヤ顔風にアピールしたくせに、数日前から喉が気になるようになってきた(T_T)

確かに花粉症はここ2週間くらいピークにあり、当院で花粉症の鍼を行う患者さんの数はかつてないほどだし、ダーク色の愛車のボディは黄色くなっている。しかし私は花粉症では無いので、その影響は考えにくい。体調管理も問題無いハズ。はて何だろう?・・・と考えた末、患者さんからの指摘に「あ、黄砂だ!」との結論に達した。

DSC_3518

そういえば数日前に春一番的な強風の日があったので、その日を境に喉にきてしまったのだ。過去にも同じようなことがあったな。

というわけで外出の際にはマスクすれば良いのだが、花粉の時期に黄砂情報は少ないので困った。まあ強風の日に外出する際は気を付けておけば良いか(^^)/

続、三寒四温

三寒四温ブログの続きね。春の訪れと共にやってくる、ワクワク感の始まりは、学生生活最後の1年を目前に控えた春休みの時期まで遡る。

その日は前日の夜中の3時くらいまでスポーツ番組を見ていたので、昼前に起きた。そして夕方からのバイトまで時間があるので、のんびり過ごしていたが、フと思い立って、学校に向った。すると入口の駐車場に、何の申し合わせもしていなかったが、たまたま同じクラスの仲間が数人集まっていたので、私も自然とその輪に加わった。その日は3月下旬頃で、空は曇っていたが、妙に暖かく、風の無い穏やかな日だったと記憶している。皆で、たわいのない話ばかりしていたが、その時にこんな思いが次第に頭を駆け巡り始めた。

・先輩方が卒業したので、この先1年は自分達が学校を盛り上げる。(この学校は上級生がやたらと元気で、学校全体をいつも盛り上るのが伝統だった。

・1年後には就職なので、この最後の1年を気の合う仲間達と存分に楽しまないと勿体ない。(当時はバブル期だったので、就職に対する心配は全く無かった)

その事を、わざわざ皆と言葉で語り合った訳では無かったが、その場にいた誰もが、そんな気概に溢れているような雰囲気を感じでいた。

結局、皆と居たのは、時間にして1時間くらいだったかと思うが、何とも居心地の良いワクワクするような空間だった。その時のワクワク感が毎年この時季になると、必ずパブロフの犬のように湧き上がってくるのですよ。(^^)v

三寒四温

これまでに、好きな四字熟語は?(まるで企業の面接みたいですが・・・)と聞かれたり、自分で考えたことが一度はあるかと思います。特に男はこういうのが好きですから・・・😅

私が好きな四字熟語はこの「三寒四温」です(笑)

よくある人生哲学的な言葉とは全く異なりますがね。でも、座右の銘は?と聞かれたらそれは違いますよ。

ではなぜ三寒四温か?

基本的に私は寒い冬が苦手です。しかし2月下旬あたりになると、昼間の日差しが力強くなり、1日の最高気温が10度を超えるような日が増えてきます。そして、日の入りの時間が1時間くらい延びるので、午後6時でも少し明るくなります。

時折、寒の戻りで真冬の寒さに逆戻りすることもありますが、三寒四温の如く2~3日でまた暖かくなります。その様なことから「季節が進行してもうすぐ春だなあ!」と実感するこの時季に何とも言えないワクワク感が毎年湧いてくるのです(^o^)丿。

では私はいつからこの感覚を得るようになったか?と言うと、ハッキリとしたきっかけがあります。それはまた後述します。