HONDAが勝った!

先日のオーストリアGPでレッドブルホンダを駆るマック・スフェレスタッペンが優勝した。

ホンダが第4期?としてF1に復帰して5年目でようやく勝った!なんかホッとした。第2期である80年代の圧倒的な強さを見てきた世代としては第3期も4期も物足りなく仕方がないのだが、これを足掛かりに常に勝ちを狙えるマシンになって欲しい限りだ。

ところでフェレスタッペンと聞いて思い出されるのは、今から20年くらい前、毎年秋の鈴鹿サーキットでF1を観戦していたのだが、マニアックな観戦法の1つに「下位チームにいてマシンに恵まれているとは言えないが、実力のあるドライバーを見い出す」という観戦方法がある。

当時はマックス・フェレスタッペンの父親であるヨス・フェレスタッペンが走っていたのだが、その当時、私の知り合いで、モータースポーツ観戦歴が私より遥かに長い「T氏」という方が、「フェレスタッペンがいい走りしているわ~」と言っていた。
当時のフェレスタッペンはまさに下位チームにいて、成績面では決して目立つ存在ではなかったのだが、見る人が見れば、速く走る実力はあるドライバーだというのが分かるのである。
私はその時点で全くノーマークなドライバーだったので、自分の見る眼の無さを悔やみつつ、翌年の鈴鹿でフェレスタッペンの走りを1~2コーナーで食い入るように見た。
確かにスロットルの開けっぷりに思い切りの良さを感じ、「もっと速いマシンに乗ったら目立つ存在になりそうだな」と感じた。

しかし結局の所、父親のヨスフェレスタッペンはF1ではこれといった成績を収めることなく、残念ながらF1界を去って行った。

ところがその血統は子に受け継がれ、マックスフェレスタッペンは優勝は勿論、チャンピオンも狙えるようなドライバーに成長した。

T氏の見る眼は確かだったことと、私の眼はフシアナだったことが証明された。(*´Д`*)

とにもかくにもHONDAさんには、かつての「POWERED by HONDA」の名に懸けて素晴らしいエンジンを造って欲しい!

SPIELBERG, AUSTRIA – JUNE 30: Max Verstappen of the Netherlands driving the (33) Aston Martin Red Bull Racing RB15 on track during the F1 Grand Prix of Austria at Red Bull Ring on June 30, 2019 in Spielberg, Austria. (Photo by Bryn Lennon/Getty Images) // Getty Images / Red Bull Content Pool // AP-1ZT9DB13W2111 // Usage for editorial use only // Please go to www.redbullcontentpool.com for further information. //

投稿者:

Ken Hagiwara

10代の頃から身体運動学に興味を持ち、20代に スポーツクラブのトレーナーとして勤務。数年後、 更に勉強をし、皆様のお役に立ちたいと考え、 東京医療専門学校に入学。そして卒業と同時に 国家資格である「柔道整復師」、「はり師」、「きゅう師」、 「あんま、マッサージ、指圧師」を取得。 その後、整形外科、接骨院、鍼灸施術所等で修業を行い、 2003(平成15)年10月より出生地である松阪市湊町で開業。 地域の皆様のお陰で只今、16年目を迎えております。 ・中央接骨師会所属 ・日本手技療法協会会員 ・患者満足推進委員会会員 ・松阪商工会議所所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA