病のリスク💧

少し前のことだが、朝のラジオで放送されていて、今までの自分の考えを改めなければと思ったことがある。

癌の発症は、遺伝的な要素は10%で残りの90%は後天的なものだそうだ。

今や2人に1人は癌になり、3人に1人は亡くなる時代。
日本人の平均寿命は長いので、本当の高齢者になった場合は、病の原因に関しては、様々な要素があると思うので、正確には人それぞれだと思っていた。
ただ、それらを精査して私は以前から、一般的な病気の原因は、遺伝的な先天性の部分が半分。これはもう仕方が無い。宿命な訳だ。
そして残りの半分は後天的な部分。つまりは自分のせいである。と考えてきた。
これは「頭の良し悪し」や、「運動神経」、または「音楽」などの分野でもそう思っていれば間違いない(納得しやすい)と思い、主に患者さんなどに話をしてきた。

ところが、最近の医学や科学の発達によって様々なことが明らかになり、癌に関して遺伝の要素がたったの10%しかない。そうなると他のあらゆる病に関しても知りたい所だが、まだまだ時間が掛かるだろう。例えば高血圧などの血管系の疾患はどうなのか?心疾患や腎疾患はどうなのだろう?

それに私がこの業界にいてつくづく実感することだが、例えば頭痛や肩こり、腰痛、猫背、なども遺伝的な要素がある程度あると思っていた。特にそういった症状で若い頃から悩まされている方は、両親のどちらかが同じような症状があることが多いからだ。しかし癌が10%となると、それらの遺伝的な数値も下がるのだろうか?

日頃の生活習慣がいかに大切なのか、良くわかる話である。

ちなみに前述した「頭の良し悪し」「運動神経」「音楽」に関して、ここ数年に発表された研究によれば、どちらも遺伝的な要素は80%はあるそうだ。努力の部分は20%あればよい方。癌とはほとんど逆である・・・(T_T)
つまり凡人は、どれだけ努力をしても、素質に恵まれた人間がちょっと本気になれば敵いっこないということだ。確かにプロなどトップの人間を見ていればそう思う。

これは驚きとは反対に激しく納得する話だ・・・(@_@)。

梅雨入り☔

幾分前のことだが東海地方が梅雨入りした。
ここ数年は毎年が異常気象と言っているが、梅雨入りのタイミングは大体いつも一緒なのが不思議である。全く自然というのはよく出来たもんだ。

で、患者さんとの話題で、梅雨入りの話をすると、ほぼ100%「梅雨はジメジメして嫌ですね~(^_^;)」となる。
それもそうだ。蒸し暑いというのは不快指数がアップする。洗濯物がスカッと乾かない。出掛ける時も雨の心配をしないといけない。食べ物の保存にも気を遣う。など色々なマイナス要素が増える。
特に主婦の方にとってこの時期は大敵だ。

では私個人的にはどうか?
確かに5月くらいの爽やかな陽気と比較すると、蒸し暑いのはよろしくない。1週間くらい曇りか雨が続き、太陽が殆ど出ない時は気が狂いそうになる。
しかし真夏の暑さに比べれば身体は全然楽である。
実は私は身体が頑丈なタイプではないので真夏に体調管理を怠ると夏バテをしてしまう。

それに筋トレを続けていると分かることなのだが、梅雨明けし、本格的な夏が訪れる7月中旬から8月一杯は必ず筋力ダウンが起こる。日中の暑さや寝不足などで体力を消耗するからだ。ついでに体重も少し落ちる。筋力ダウンはそれも影響しているだろう。ダイエットするには適した季節ではあるが・・・。まあ屋内で仕事をしているくせに情けない限りだ。
仮にこの時期に大会でもあるなら意地でも頑張るはずだが、パワー系の大会は三重県だと春と秋にあるので、わざわざ真夏に頑張る必要は無い。従って真夏はやや流し目の筋トレをして、この時期をやり過ごす。
逆に梅雨時はまだ涼しい分、体力的には問題ないので、重量と回数を意識した筋トレを予定通り行うことが出来る。(大した事をやっている訳では無いが・・・(^_^;))

では梅雨時期の釣りはどうなのか?
基本的に雨の日は不調である。水温が下がるし、急な増水や流れなど発生し、魚の活性が下がるからだ。
しかし蒸し暑い中でパラパラと少し雨が降っているだけであれば爆釣の可能性もある。晴れればなおのこと。
ただ、この時期は産卵~子育てに入る個体もあるので、そういった魚は絶対狙わないのが掟なので、いささか釣りしずらいのが現状だ。

あと仕事面ではどうか?
当院は予約をされる方がほとんどなので、昔と比較すれば、雨天であっても患者数が影響を受けることは少なくなった。
しかし高齢の方や、駅から徒歩でいらっしゃる方の場合は、キャンセルとなってしまうことも少なくない。だがその場合でも次の予約をして下さるので、殆どの場合は問題無い。ありがたいことだ。

それに以前であれば、梅雨と言うと、シトシトと糸を引くような雨が、毎日降り続くようなイメージがあったが、ここ数年は天気のメリハリがハッキリしていることが多いと思う。雨は☔、晴れは☀というように。
従って昔と比較したら雨に悩まされる機会は少し減っているかも知れない。

という訳で、この時季はそれほど苦手ではない。少なくとも寒い冬と比較すれば相当マシである。

DSC_3715

肩コリはなぜ起こる?

今回も患者さんとの会話ネタである。

先日、当院にもう10年以上通って頂いている同年代の方からの質問で、「何で肩コリってなるんですか?」と唐突に聞かれた。
以前のブログでマッサージのことについて書いたが、治療家の視点からすれば普通のことでも、一般の方からすると、「何でそうなるの?」「これは治るの?」「まさか悪い病気では?」と考えることはごく自然なことである。
ちなみにその患者さんはよくパソコンをされる。あと日頃の精神的ストレスもよく訴えていた。で、その時に私は、

【パソコン時の不良姿勢→、支える筋肉が疲れて張ってくる→血流が悪くなる→肩の筋肉に栄養が回らなくなる→肩コリが発生する。】

あと、「眼精疲労も関連しています。」と簡潔に答えると、「なるほど。」と納得してくれた。

ついでに言うと、パソコンでもスマホでもそうだが、操作中の姿勢でよくある、[猫背で頭部が前に出た状態]というのは、頚や肩の筋肉にとって結構な負担となる。
普段は意識しないが、ハッキリ言って頭部は重い!
同じ大きさのスイカやメロンなど持ってみれば分かるが、結構な重さである。ボーリングのボールと比較してもさして変わらない。
それが前のめりになっているので、頚肩の筋肉が一所懸命に支えているのである。そら負担が掛かる訳だ。
ちなみに身体というのは、姿勢を真っすぐにし、骨格で重さを正しく支えている状態であれば、かなりの負荷にも耐えられる。
インドの女性?などが頭部に物を乗せて歩いている姿などをイメージすれば分かり易いが、正しい姿勢をしているので運べる。もしこれがスマホを操作している姿勢であれば、これほどの物を乗せるのは不可能だ。

あとは精神的ストレスによっても発生しますよ。とも答えた。
随分前の話だが、今回とは別のある患者さんが、株式投資していた会社の株が、何かのトラブルによって暴落したというニュースを聞いた途端に、頚肩が急に凝ってきて、当院にマッサージに来た、ということがあった。これなどまさに精神的ストレスによって肩コリが発生した分かり易い例である。

他にあるのが寒冷刺激である。つまり冷えだ。
単純に冷えれば血行が悪くなるので、筋肉が縮まり凝ってしまう。
これからの時季はエアコンの冷気のせいでコリが発生することが増えていくので、特に冷気は直接身体に当たらないようにすることが大切である。
とは言ってもオフィスでは、座席の位置が決まっていることが多い。どうにも避けようの無い場合は、ストールなど頚に巻いて冷気を凌ぐのがよいだろう。

更には筋肉の疲労や、使い痛み、頚椎由来など、原因を挙げれば他にもいくつかあるのだが、文章が長くなってしまうので、はなはな簡単ではございますが、今回はここまで。
関連する内容はまた書きます(^^)/

Crazyforyouの季節 by蚊 (*´з`)

もう蚊が飛ぶ季節になってきました。

よほどの研究者とかで無い限り、蚊が好きな方は見たことありません。就寝時に耳元で「プ~ン」と音がするのは誰だって嫌なモンです。

蚊の活動は気温25~30℃で活発になり、1番好むのは水分。2が臭い。3が温度だそうです。つまり私の様な、汗臭い、小太り中年が一番好まれる訳です。困った( ゚Д゚)

ちなみに虫よけスプレーなどが無い場合は、汗を防ぐデオドラントスプレーなどでも代用出来るそうです。小さいスプレーなら普段から持ち歩いている方もきっとおられる。有効に使いましょう。

そういう私はとりあえず加齢臭だけは発生させないように気を付けよう・・・(^^)/

マッサージはどこで受けても同じ?

先日、ある高齢男性の方をマッサージしていてこんなことを聞かれた。

「マッサージはどこで受けても同じことをやるのですか?」と。

私は一瞬「はい?」となったが、すぐに「ナルホド。そう考えるのも一理あるな」と思った。
もう20年くらいこの業界にいるわけだが、私はそのようなことを考えたこともなく、とても新鮮な質問に感じた。

その方曰く、温泉地などの宿泊先でマッサージを受けたことは何回かあるらしいが、当院のような所でマッサージを受けたのは初めてだった。
これまで受けた温泉でのマッサージというのは、人や場所が変われど、大体似たような手技のマッサージだったが、今回受けた私のマッサージが、それまで受けたモノとは違ったので、そのような疑問を持ったらしい。

確かに治療の手技やマッサージなど、一般の方から見たら、運転免許の教習と同じように、どこで学んでも同じことを学習し、統一した資格を得て、それを実際の現場で使っていると考えていても不思議ではないことだ。
しかし現実は、施術する人や場所によって同じことを行うわけでは無いので「似て非なるもの」となっている。
どのようなマッサージが施術者の基礎となっているかは、人それぞれだが、養成学校で学んだ方法や、最初の修行先で身に着けた方法、またはお師匠さんや先輩に教わった方法がその施術者の基礎的な手技なっている人が多いのではないだろうか。

温泉でのマッサージが、どこで受けても似たように感じたのは、恐らく「温泉街で宿泊客へのマッサージ」というある種のジャンルの出どころ(良く言えば、その流派の元祖)が同じで、それが各地に広がっていったからだろう。

ちなみに私は特定の師匠や修行先は無いので、養成学校で取得した方法や、仲間が行っている手技、または自らがマッサージを受けることにより、「良かった、使える、効果的」と感じた手技を自分の方法に落とし込んで実際に使用している。従って〇〇法や〇〇流派ではなく、ごちゃ混ぜのチャンポンの様な手技なので悪しからず・・・。

ついでに言うと、この質問をされた高齢者の方だが、その後は数回通院して頂いたので、私の手技がダメだった訳では無かったようだ。(^^)/

 

「曇天は紫外線が強い」の謎

そろそろ紫外線が気になる時季になってきた。
しかし、今になって気になるといっても、紫外線量というのは太陽の角度に比例するので、春分から1か月以上経過した今の紫外線は、秋分の1カ月以上前、つまり8月中旬と同じ量となる。4月と8月では気温差があるので実感は湧かないが、そう考えると大変なことだ( ゚Д゚)。

昨日ラジオで知ったのだが、いわゆる藤棚の「藤」の淡い紫色というのは紫外線を避ける為の色だそうだ。アジサイの色もそう。つまりは4月も後半になってくると、植物達は紫外線がきつくなってくることが分かっているのだ。自然界というのは改めて凄いと思う。

Original watercolor painting of beautiful wisteria branches in blossom

もう1つ、「曇りの日は紫外線が強い」というこれ。なぜだか意味が分からなかったがこれも最近知った。
空が一面曇りであれば、紫外線量は半分くらいで済むようだが、【曇り空に隙間があり、そこから太陽の日差しが四六時中見え隠れしている状態】が一番ダメだそうだ。なぜなら日差し(紫外線)が雲の隙間から地上に降り注ぎ、それが反射して上空に跳ね上がり、雲の壁に跳ね返り、再び地上に降り注ぎ、また反射して・・・と紫外線が乱反射するから線量がとんでもない量になるそうだ。ああ恐ろしい。
でもなるほど、これで長年の謎が解けた。

曇天時は気を付けよう(^^)/

【ぎっくり腰】4

ぎっくり腰についてもう1つ書いてみたいと思う。

よく患者さんから「ぎっくり腰は癖になりますか?」と聞かれることが多い。確かにそのような状態になってしまう方も時々見られる。それにあんなものが癖になったらたまったモンではない。

それに対する私の答えは決まってこうである。

「原因を探してその対策をすれば癖にはなりませんよ。(^^)/」

日常の出来事でも仕事でも、はたまた企業の不祥事でもそうだが、何か良くない事が起これば、それを繰り返さない為にも原因を究明して、速やかに対応する。そうする事により、悪事が再発しないよう改善しながら物事を進めていく。
こういったことは当たり前のようにやっている。
ぎっくり腰も同じである。ついでに言うなら、肩こりや膝痛など、大半の症状がこれに当てはまる。
前のブログでも述べた事だが、ぎっくり腰もその人によって、発生した原因は異なる。疲労、冷え、無理な動き、体重の増加、メンタルストレス、体力低下など色々である。
従って、その原因を解決すれは良いのである。ただ人によっては、痛みが和らいでしまったら、もうそんな辛かった過去の事は忘れてしまう。「喉元過ぎれば・・・」と同じように。

だから、分かっちゃあいるけど、またやってしまう。
その一歩を踏み出すかどうかが、分かれ目ね(^_^;)

【ぎっくり腰】3

今回はぎっくり腰から話を進めて、腰痛の不思議について書いていきたいと思う。
私のような治療家にとって腰痛とは実に難しくもあるし、また挑戦しがいのある疾病である。当の私もこれまでのスポーツ好きがたたって腰痛は何度も発症しているし、今でも日々のケアは欠かさない・・・(^_^;)

今から何年か前に、日本の整形外科学会から衝撃の発表があった。それは何と「腰痛の8割以上は原因が不明」ということだった。そして「腰痛は精神的なストレスとの関連性が高い」とも。

これは私のような正体が誰だか分からない治療家が言ったのでは無く、社会的にはエリートの集団であるドクターの学会が発表したのだ。
発表された内容は、私のように腰痛と日々向き合っている治療家であれば薄々分かっていたことだが、まさか8割も?と思った。これでは半分以上サジを投げたようなもんである。
しかし腰痛でも、原因が腰そのものにある場合もあるし、たとえ原因が腰以外にあっても、とりあえず腰を治療していれば、少なくともある程度は改善することが多い。だが、これが本当だとすれば、それだけでは根本改善には至らず片手落ちになるということだ。

以前NHKの番組で実験をやっていたが、腰痛のグループ10人くらいと、腰痛でないグループ10人くらいを集めて、画像診断すると、画像では陽性で、腰痛があるだろうと思われるのに、全く腰痛の無い方がいたり、またその逆の方が何人もいた。つまり画像だけでは腰痛の有無を判断出来ないという結果が出ていた。他の実験では、同じ重さの白い段ボール箱と、黒い段ボール箱を運んだ場合に、黒い段ボール箱の方が腰痛が多く出た。ようは「見た目」の印象が精神的ストレスとなり、腰痛に繋がっていたということだ。

ではそれは何を意味するのか?

レントゲンやMRIなど画像検査や、患部の状態や動きのチェックなどを行っただけでは、腰痛の本当の原因は正確には分らないということだ。(勿論、全てではないが)
そう、私も確かに分からないことが多い。
但しそれは腰だけを見ていた場合だ。従って賢明な治療家の多くは腰に囚われず、身体全体のパーツに目を向ける。すると腰痛の原因を引き起こしている犯人が分かってくる。(私が述べているのは、あくまで個人治療家が対応出来る範囲での腰痛)
つまり腰というのは、読んで字の如く身体の「要」である為に、構造上、色々な箇所の負担が掛かってくる部位なのだ。ついでに言うと精神面の負担も影響している(これは腰に限った話ではないが)。
従って腰というパーツは頻繁にいじめられていて、その反面、いじめている犯人がどこかにいるのだ。それを見つけることが根本的な解決となる。
つまり治療家にとってその犯人を見つける作業がウデの見せ所なのだが、私は少々時間が掛かる。それは高いスキルが必要とするからだ。恐らくカリスマ治療家なら、あっという間にそれを見つけるのだろう。
肝心の犯人は、背中やお尻など腰の近くは勿論、腕や脚にあることも多々ある。これはその人によって異なる。ちなみに東洋医学のツボで「腰腿点」という腰痛のツボがあるが、これは何と手の甲にある。中国では何千年も前からこれが分かっていたということだ。凄いな。

結局、ドクターがそれを行わないのは、単に時間と労力が無いのと、それを体系づける作業がとんでもなく複雑で、更には科学的根拠が少ないからだと思われる。だから原因不明となってしまう訳だ。

このような事柄がいずれ明らかになり、腰痛で苦しむ方が少しでも減少する日が来てほしいと思う反面、治療家として手技のアナログな部分が過去のモノとなってしまうかと思うと、いささか残念な気がする。実現すればのハナシだが・・・( ^ω^)

【ぎっくり腰】2

ぎっくり腰の続きです。
古くは欧州で【魔女の一撃】と言います。ああ恐ろしい(^_^;)

患者さんの多くは、この「一撃」を食らってしまった為に、「ぎっくり腰になった」と言って来院します。
ただ「ぎっくり腰」というのは「五十肩」と同じく一般的な俗称で、正しく診断名をあげるとすれば病態によって色々あります。

痛めてしまった状態は人それぞれで、身体を傾けながらも歩ける場合もあれば、もう一人ではどうにもならない程の激痛になることもあります。
あまりに痛みが強い場合は炎症が収まるのに3日間くらい掛かることもあり、治療して多少楽になったとしても一時的なもので、時間が経てば痛みが再発します。こうなってしまうと安静にしているのが一番の方法です。

では何故こうなってしまったのか?
一般的には組織の損傷や炎症によるものですが、我々治療家としてはそこからもっと踏み込んで考えないといけません。ただ治療家という人間は、それぞれ考え方があるので、まとまった見解があるわけでは無く、ここから先はこれまでの私の経験からの考えです。

もちろん腰が痛い訳ですから、腰に負担が掛かることにより痛くなる。これは一般的なぎっくり腰のイメージですね。重い段ボールなどを持とうとして発症するやつ。こういったパターンは本人も私も分かり易い。
しかし実際の患者さんと接していると、それではなく日常の何気ない動作で起こしてしまうケースが多々あります。むしろこのパターンの方が遥かに多い。本人にとっては「ナゼ?」となるのです。
ほんのついさっきまで普通に動けていた訳ですから。
他には「朝、起きたらなっていた。」というケースも結構あります。特に若い男性に多い。この場合などどう説明するのか?

人は心身にストレスが掛かると、その人の弱点に症状が出ます。例えば「肌荒れ、肩こり、吐き気、頭痛、腹痛、胃痛、腰痛、不眠など」ちなみに私は腹痛派です(苦笑)
従って色々な負のストレスが、様々な要因により心身に掛かってストレスグラフが右肩上がりとなり(本人がそれに気づいていないことが多い)、ある時に越えてはいけない閾値を、ポンっと越えてしまった時に、その人の弱点に症状がドカンと出てしまう。ということです。

その時に腰のコンディションが悪ければ、腰に「一撃」を喰ってしまう。
ちなみに最後の閾値を越えてしまう要因は、ちょっとした動作、寒冷刺激、疲労、など様々です。

前回のブログで「身体の冷えにより、ぎっくり腰が連鎖する」と述べたのは、もろもろの要因により
①心身のストレスが右肩上がりになっていた方々で
②しかも腰がウィークポイントというある種の持病がある方に
③寒冷刺激という「冷え」のストレスが最終的な引き金となって
ぎっくり腰を起こす、という仕組みです。(あくまでこのようなパターンが多い)
急な気温の低下は、同じ地域の方々にとって平等に起きますから、それによって同時多発的に発生し、その内の何人かが当院にいらっしゃるという仕組みです。
急な気温の低下によるこういった出来事は、季節に関係なくいつでも起きる可能性がありますので、心当たりのある方は充分お気お付けください~。

次回も腰痛関連を書きます(^^)/

【ぎっくり腰】連鎖~(T_T)

長い間この仕事をやっていて不思議に思うことがいくつかあるのだが、その1つに、いわゆる「ぎっくり腰」がある。

病態として不思議な病ではあるのだが、今回はその専門的な話ではなく、ぎっくり腰というのはどなたかが発症すると、その日の内に2人3人と患者さんが続くことが多い病であるからだ。ぎっくり腰のような年間通じて、そうやたらと多くは無い症例が、何故連鎖するのか・・・?

初めの頃は分らなかったが、次第に分かるようになってきた。ひとつ考えられるのは、春夏秋冬に限らず、体感的な気温がグッと下がった日の後に発症することが多い。要は身体の冷えが原因である。勿論、穏やかな日の後に、急に気温が下がった時は、身体の不調があちこち出るのだが、ぎっくり腰も例外では無い。

では冷えによって身体のあちこちが不調になる中で、ぎっくり腰になってしまう方は何故そうなるのか?
また後述しますね(^.^)/~~~