研修

私が医療を学んだ学校では、卒業生を対象とした「卒後研修」というものを行っており、毎年10科目程の様々なジャンルの研修を比較的安価で募集している。講師は主に母校を卒業し、その業界の1人者になっているような先生方だ。
参加は自由だが毎回抽選になるくらいの募集があるらしい。何て素晴らしい企画だろう。
一人治療院を営む人間にとって、とてもありがたい制度だ。
ちなみに私が在籍していた頃にはそういった研修は無かったので、今年で10年目くらいだろうか?過去に一度参加したことがあるので、今回は2回目になる。しかしありがたい企画ではあるのだが、学校は東京にあるので田舎の人間はそうそう気軽には行けない。近くであれば毎年何らかの研修に参加したいぐらいだ。

という訳で当日は早朝5時に起きて、6時過ぎの近鉄に乗り、東京の四ツ谷に向かった。

トーキョーの街はいつ行っても凄い。何が凄いって、人間が多いのは当たり前だが、毎回来る毎に景色が違う。今は特にオリンピックを見据えての工事が至る所で行われている感じだ。そんな景色を横目に見ながら10数年ぶりに中央線快速に乗り、急いで現地に着いた。

DSC_3927

今回の研修は定員30人だが、募集はそれ以上あったらしい。私はラッキーだったようだ。そして研修は講義と実技を交えて順調に進み、終了となった。研修の内容は勿論だが、こういった時に、他の先生方の手技に触れる機会にもなるので、私にはそれもタメになる。様々な気付きを得られるからだ。

DSC_3920

更には以前から気になっていたことを講師の先生に質問することも出来る。質疑応答の時にも質問したのだが、それ以外にもモヤモヤした疑問が2~3あったので、全て終了した後に質問に行った。先生からしたら迷惑だっただろう。しかしお陰で気持ちがスッキリした。ありがとうございます。これで私は更にバージョンアップしたのだ(笑)

帰りは東京駅の大丸でお土産をいくつか購入し、その後、無事に16時41分発の新幹線に乗り込みホッとする。この時間なら名古屋で「快速みえ」に乗れる。と思いきや、落雷による信号機故障で快速みえは運休・・・。

振り替え輸送で近鉄急行に乗り、混雑していたので結局松阪まで立ったまま帰ってきた(^_^;)

投稿者:

Ken Hagiwara

10代の頃から身体運動学に興味を持ち、20代に スポーツクラブのトレーナーとして勤務。数年後、 更に勉強をし、皆様のお役に立ちたいと考え、 東京医療専門学校に入学。そして卒業と同時に 国家資格である「柔道整復師」、「はり師」、「きゅう師」、 「あんま、マッサージ、指圧師」を取得。 その後、整形外科、接骨院、鍼灸施術所等で修業を行い、 2003(平成15)年10月より出生地である松阪市湊町で開業。 地域の皆様のお陰で只今、16年目を迎えております。 ・中央接骨師会所属 ・日本手技療法協会会員 ・患者満足推進委員会会員 ・松阪商工会議所所属

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA