20000歩

こんにちは。接骨院の受付です(#^^#)日中はまだまだ暖かい日もあり、残り三週間で今年が終わる実感がありません。院の中では半袖でいる我々に皆様驚かれます(笑)

ご来院の患者様に、これからお渡し予定のニュースレターにもちらっと書いたのですが、先月京都を訪れました。

辿ったコースは、大原三千院→寂光院→永観堂→将軍塚青龍殿→東寺です。早朝の三千院は冷たい空気がむしろ心地よく、人影もまばらでゆっくり散策できました。ひたすら、赤い綺麗なモミジを拾い集めていたような気がします(笑)



三千院からの流れで寂光院へも立ち寄りました。こちらは初めての場所。建礼門院の生涯を考えると・・・なんとも切ないですね。

永観堂の紅葉は言わずもがな。ただ、タイミング的にはちょっと遅かったかなと言う印象。急な階段を昇る場所にエレベーターが設置してあり驚きました!個人的には隣接する永観堂幼稚園が好きすぎる(笑)園バスの先頭に制服を着たキューピーが付いています。紅葉が見事な園庭でそんな贅沢な環境におかまいなしにキャッキャキャッキャ遊んでいる園児が羨ましい(私も通いたい)♡

青龍殿も今回初めて訪れたのですが超絶おススメです。高台にあり、京都の町や大阪方面を見渡せる眺望はなかなか圧巻。紅葉も綺麗でしたし、春は桜も見事みたいですね。こちらは市街の紅葉名所に比べると観光客もまばら。おまけに駐車場は無料です。

そして、今回の一番の目的、東寺のライトアップへ。車を停めた駐車場がちょうど東寺の真裏辺り(正面門の反対側)。散々歩き回ったので出来れば最短ルートで行きたいと思うのが人間の常・・・正面門以外にも幾つか門はあるらしいと何ともザックリした情報のみ。さて、右回りで行くか左回りで行くか。基本左右で迷ったら左一択。「左を制すは世界を制す」との理由だそうです(笑)で・す・が💧何故か今回は直感で右回りをチョイスしてしまいました。

歩けども歩けども門がありません。いや、門はありました。が閉門しています。仕方なく南大門を目指します(ここまでかなり歩いています)。つまりは正面・・・。と角を曲がるとライトアップされた五重塔の先端が目に飛び込んできました。それもお月さまと一緒に!!さっきまで引きづっていた足の疲れも忘れシャッターを切りまくった(ん?今はこんな表現しないのかな)のは言うまでもありません。左回りで行っていたら出会わなかった光景。テンション爆上がりのまま南大門に到着です!

しかーし、こちらも閉門しているではありませんか。いったいどこから入ればいいのでしょうか。暗がりの中、たまたま自転車にまたがり停まっていた中学生の男の子に尋ねました。すると男の子は「真っ直ぐ行って、左に曲がって進むと入口が有ります。ご案内しましょうか?」と言ってくれるではありませんか。さすがにそれは申し訳ないので丁重にお断りをしました。彼が去っていく背中に「気を付けて帰ってね~」と叫ぶと、「ありがとうございます!」と遠くから律儀に返事を返してくれました。閉門で下がったテンションがこの礼儀正しく、優しい男の子のお陰でまた少し上がりました。そしてついに慶賀門に到着です!!!(達成感たるや💧ここだけの話し、左回りで行けば直ぐでした)。

先ず目に飛び込んできたのは池に映る五重塔。幻想的でとっても素敵でした。そして奥に進むにつれて五重塔が段々存在感を増していきます。間近で見上げると迫力満点。そうか!この為に慶賀門のみが出入口になっているのかと納得。いきなりバーンと五重塔より、徐々にがワクワク感マシマシですよね。素晴らしい国宝の数々も拝め、充実した一日となりました。

コロナ禍の規制もなくなり、紅葉シーズン真っ只中の京都へ行くには覚悟が必要でしたが、渋滞や行列もさほどなく比較的スムーズな日帰り旅行。帰宅して歩数をチェックすると驚愕の20000歩越え。普段(仕事の日)は300歩・・・アハハ。寝る直前にはガッツリ筋肉痛になっていたのは言うまでもありません💧

関連記事

  1. 映画「沈黙の艦隊」

  2. 治療法の原点

  3. オリオン座の老巨星ベテルギウス

  4. 受付の荷物台

  5. 初めての重箱

  6. 晩秋からの新型コロナ冬対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。