身体の不思議

私の趣味の1つにゴルフがある。
大体私の様なオッサンになると集団スポーツを行う機会は無いし、走って飛んで跳ねてみたいな躍動感あるスポーツは年齢的に無理である。柔道などの格闘技は出来なくは無いが怪我しては困る。などの消極的理由からスポーツ好きなオッサンにゴルフが好まれるのだ。そしてゴルフというウオーキング以上、スポーツ以下の運動を継続することにより最低限のアイデンティティが辛うじて保たれるのである。しかも松阪のような田舎はコースでラウンドするのも練習場に通うのも比較的リーズナブルなのでサイフに優しい(笑)

とは言え、今はコースに出るのは年に2~3回くらいであるが、数年前はもっとやっていた時期がある。目的はスコアそっちのけで、人より飛ばしたかったからだ。ゴルフほど打球が遠くに勢い良く飛ぶスポーツは他にない。これが実に気持ち良かった。
練習場でもドライバーばかり振り回していたし、飛ばしに関する書籍を読み漁り、YouTubeなどの動画は隅々まで見て研究し、少しでも飛距離がアップしないかと体力面を向上させ、打ち方を研究し、様々なドライバーや練習器具を試した。ゆくゆくは競技ドラコンにも出場することも視野に入れていた。

それに私が行く練習場には、当時あるプロの方が勤務されていた。
その方は20年程前の日本の競技ドラコン黎明期に、2年連続で日本1になっている方だった。つまりは抜群の飛ばしセンスを持っているのだ。
練習場に行くとそのプロの方が時々練習をされているのだが、中でもドライバーの飛びは異次元で、一見すると軽く振っているようなスイングから放たれるボールは一直線に伸びてゆき、途中から2段ロケット3段ロケットが噴射するかの如く、更に伸び上がり、肉眼では追いきれなくなる上空の遥か彼方にボールが消えてしまうのである。
周りにいる誰もが唖然としてしまうような弾道を、安定して何球も飛ばしているのだ。
「軽く振っているようにしか見えないけど何だあの球は・・・」目撃した全員が同じことを言っていた。
体力のある人間が力づくでフルスイングしているならまだしも、プロとは言え、あれだけ涼しい顔をしてスイングしているのに、とてつもない弾道を放つというギャップに「いつかは自分も同じように・・・」と企んでいた。

ところが・・・。

数年間やってみたが、思ったほど飛距離はアップしなかった。
もちろんゴルフの素人がこういった技術的なことを我流で行う事には限界があるとは思っていた。しかし多少は身体のことは分っているし、出来る限りのことにチャレンジしてみた。それでもイマイチだった。
具体的に言うとヘッドスピードの簡易計測器で52~53くらいしか出せなかった。これくらいの数字なら、体力のある若い男子が思いっきりスイングしたら出せる数字だ。始めた時から比較すれば15%くらいはアップしたが、これは体力面(瞬発力)が向上したことよりも、打ち方や身体の使い方を変化させていった結果だった。仮に今後、有名プロのレッスンなどを受けたとしても現状からの伸び代が乏しいのは明らかだった。競技ドラコンに出るには最低でもヘッドスピードが60は必要だからだ。

大体ツアープロでも30代後半になると若い頃と比べて飛距離は落ちるらしい。ということは40代のオッサンには瞬発力を目に見えて向上させるのは難しいのだろう。

ということでここ最近は練習量がめっきり減った。年2~3回のラウンド前に少し行う程度だ。スイングもフルスイングは止めて打球が曲がらないよう加減して振るようにしている。

が、しかし・・・それではストレスが溜まるので、練習場ではわずかな球数だが、フルスイングをすることがある。それに練習を行っていない今の自分がどれくらのヘッドスピードが出るのか知りたいと言うのもある。
するとどうだろう。数か月の間、全く練習していなくても最盛期とほとんど数字は変わらないのだ。上の画像はヘッドスピード約51だが、この日は52も出ている。以前はあれだけの練習を行っても数値は上がらなかったが、現在は逆に練習していなくても数値はほとんど下がらないのである。

通常は頭にしても身体にしても、使い込むことにより機能が向上し、使わなくなればそれが徐々に低下していくはずだが、スイングスピードに関してはそれが当てはまらないのだ。実に不思議な話である。

以前はあれだけ練習したのは何だったんだろうか?
今の自分がスイングスピードを維持出来ていることは喜ばしい事だが、それよりも数年前に必死で練習したのにちっとも成果を得られなかったことが悔しくてならない・・・(T_T)

関連記事

  1. 新型コロナ対策

  2. モータースポーツ

  3. 免疫力アップの施術!(^^)/

  4. 2020恒例ミーティング

  5. アフター?With?コロナ

  6. パラダイムシフト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA