総裁選の後は?

安倍総理の辞任に伴って総裁選が行われる。ほとんど本命確実の出来レースになっているが、総理を目指す他の2人にとっては自らをアピールする最大のチャンスである。

そもそも安倍総理は、本来あるはずだった今年のオリンピックを終えて、それから1年やって、任期満了で退く予定だったのだろうか?
それとも本当に体調が悪化したのでこのタイミングで退く事になったのか?

ここから先は、私の私見と、私の「信頼する筋」の予想が混在する話になるが、それにしても総理の在職期間が歴代1位になった途端に辞任を表明したのはどうも納得がいかない。何か引っかかる。
ところがこれにはいつも著名人のスキャンダルを重箱の隅をつつきまわして放送する昼のワイドショーでも取り上げている所を見た事が無い。実に不思議だ。なぜ突っ込まないのだろうか。

それに菅官房長官が選ばれた場合に限った話ではないが、解散総選挙も話題に上がっている。これはアメリカの大統領選挙と合わせて行うつもりだろう。

そこで全国各地の自民党の応援演説に・・・。

→安倍元総理が体調不良をおして登場する。

→その様子を見た観衆や視聴者は大喜びする。

→自民党が大勝する。

→安倍さんの息が掛かった新菅総理は前総理が成し遂げれなかった政策をそのまま踏襲しようとする。

→水面下でアメリカで再選したトランプさんと安倍さんが話をする。

→安全保障の話を進める

→菅総理は憲法改正に向かって邁進する。

→結局これまでと変わらない。

とこんなことが予想される。従って安倍さんはタダで辞めた訳ではなく、そこまで計算した上で、「体調不良」という大義名分を立てて辞めたのだろう。
どうも辞め方がしっくりこなかったが、様々な情報をかき集めてみるとガッテンが行くのであった。

さてどうなるのだろうか?

関連記事

  1. バスロッド ABUGarcía BassBeatⅢ

  2. アフター?With?コロナ

  3. 待合室からの花見🌸

  4. 新型コロナ対策

  5. 身体の不思議

  6. 2020恒例ミーティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA